グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > こんなときには  > 警報器が鳴ったときは

警報器が鳴ったときは

ガス警報器が鳴ったら、すぐに中部ガスへご連絡ください。

ガス警報器が鳴ったときは、ガスもれの可能性があります。
ガスくさいときは、危険防止のため下記の行動をお願いします。


火気厳禁・着火源に触れない

絶対に火気を近づけないでください。タバコもすぐに消してください。
引火する恐れがあるので、換気扇や電灯等のスイッチには絶対に手を触れないでください。

窓を開ける・ガス栓を閉める

窓や戸を大きく開けて、部屋の空気を入れ替えてください。

ガス栓、メーターガス栓を閉めます。

中部ガスに連絡を

すぐに中部ガスへご連絡ください。伝えていただくのは次の項目です。

  • お名前
  • ご住所・電話番号
  • ご近所の目印
  • その場の状況(いつから、ガスのにおいがあるか、気分の悪くなった人はいないか)

ご連絡はお近くの中部ガスまでお願いします。
▼ 愛知県にお住まいの方▼ 静岡県にお住まいの方
豊橋支店 0532-32-5511
豊川営業所 0533-85-7025
浜松支店 053-465-1234
磐田営業所 0538-32-3168

365日・24時間保安体制
中部ガスでは、ガスもれ・ガス事故等の緊急時に備えて、係員と緊急車が常時待機しています。

ご注意

都市ガス警報器は、可燃性のガスに反応します。都市ガスだけでなく、殺虫剤や各種スプレー、料理のときに出るアルコールにも反応することがあります。都市ガス以外の気体に反応しにくいタイプの警報器をご用意しておりますが、誤作動を避けるためにも換気には十分ご注意ください。