ガス料金の原料費調整のお知らせ(平成19年7月~9月)

日頃は、中部ガスをご利用いただき誠にありがとうございます。
さて、弊社は天然ガスを主たる原料とする原料費調整制度を適用させていただいております。
原料費調整(スライド)制度は、為替レートなどによる原料価格の変動をガス料金に反映する制度で原料価格が一定幅(5%以上)をこえて上昇あるいは低下した場合に、その分だけガス料金を調整する仕組みです。  このたび、平成19年1月から平成19年3月までの原料価格(財務省・通関統計)が確定したことを受けまして、平成19年7月から平成19年9月までの検針分のガス料金のうち、従量料金について以下のとおり調整させていただくことなりましたので、お知らせいたします。

平成19年7月~9月検針分のガス料金の従量料金単価について、下表のとおり、前期(平成19年4月~6月)検針分に比べ、▲0.89円/m3(税込)の調整をさせていただきます。
 これは、平成19年1月~3月における平均原料価格が、前回に比べ910円/トン下がったためです。

平成19年7月~9月検針分に適用されるガス料金 (消費税等相当額を含みます)

一般ガス供給約款の料金表

料金表1ヶ月の使用量基本料金(1ヶ月につき)適用従量料金単価(1m3あたり)
A0m3から22m3まで861.00円192.72円
B22m3を超え227m3まで1,071.00円183.17円
C227m3を超えるもの2,095.80円178.66円
料金表1ヶ月の使用量基本料金(1ヶ月につき)適用従量料金単価(1m3あたり)
A0m3から22m3まで861.00円192.72円
B22m3を超え227m3まで1,071.00円183.17円
C227m3を超えるもの2,095.80円178.66円

※5~11月は供給約款料金を適用します。

料金表1ヶ月の使用量基本料金(1ヶ月につき)適用従量料金単価(1m3あたり)
A0m3から22m3まで861.00円192.72円
B22m3を超え227m3まで1,071.00円183.17円
C227m3を超えるもの2,095.80円178.66円

※5~11月は供給約款料金を適用します。