中部ガス株式会社 採用情報

  • ドタバタ日記
  • ENTRY

ライフラインを支えるという責任感と使命感を胸に。
石田 大賀 浜松供給センター導管グループ供給制御チーム 2014年入社・理工学部卒

24時間365日、安定してガスをお届けするために。

浜松供給センターでは、供給エリア網の東西を結ぶパイプラインを通して、東邦ガス・静岡ガスの両社からガスの供給を受け、地域のお客さまの需要に合わせてガスを供給しています。
2015年9月に静浜幹線という静岡ー浜松間を結ぶ高圧ガスのパイプラインが開通し、今まで以上に地域のお客さまの天然ガスニーズにお応えできるようになりました。

ガスの需要は、天候や気温、季節によっても、時々刻々と変化します。24時間365日、安定してお客さまにガスをお届けするため、適正な送出流量や圧力を管理することが重要です。都市ガスの供給状況はモニターを見ながら遠隔監視していますが、そのモニターの向こうには約23万人の中部ガスのお客さまがいると思うと緊張します。ボタン操作を誤れば、管内のガスを止めてしまうことにもなりかねないため、つねに安全、確実な作業を意識しています。

この仕事のやりがいは「お客さまにガスをお届けする」という中部ガスの根幹となる重要な業務を担っているという責任感です。交替制で勤務するため、深夜の業務もありますが、それだけに先輩と後輩の絆も深まり、チームの結束力も強く、一体感を持って働ける職場だと感じています。

知識を増やし、幅広い業務に携わりたい。

供給制御チームの重要な業務の一つに「送出予測」があります。一日のガスの送出量を予測して、データに基づいてガスの受け入れ量を決めますが、送出量が多いときはガスホルダーなどに、いつ、どのくらいの量を貯蔵するかといった判断も行います。より安定して効率良くガスを調達するためには、気温や送出実績など、これまでのデータに基づいて適切に予測しなければなりません。これからは送出予測なども担当するようになり、新しい事柄に触れる機会が増えるので新鮮な気持ちです。ガス設備や制御の知識を増やし、幅広い業務に携わっていきたいと思っています。

中部ガスは地域を支えるという重要な使命を担う会社です。一緒に切磋琢磨しながら地域のために働ける仲間を待っています。

ある日のスケジュール

6:00

起床

朝食をしっかりとってから出社します。

→

8:30

始業まで

交替勤務のため、前任者からの申し送り事項の確認と、引き継ぎをします。

→

10:00

監視

ガスの供給状況に異常がないか監視します。

→

12:00

昼食

構内設備や供給状況を監視しながら昼食を取ります。

→

13:00

巡視・点検

構内設備の巡視・点検をします。

→

17:00

事務処理

ガスの送出予測などのデータを整理、環境マネジメントシステムに関する活動をします。

→

20:00

帰宅

友人や先輩と食事に行き、明日に備えてしっかりと寝ます。

Copyright 2018 中部ガス株式会社 All Rights Reserved.

pagetop