中部ガス株式会社 採用情報

  • ドタバタ日記
  • ENTRY
都市ガスの基本

クリーンエネルギー・天然ガス

中部ガスがお届けする都市ガスの主な原料であるLNG(液化天然ガス)は、不純物をほとんど含まないクリーンなエネルギーです。主成分はメタン(CH4)。燃焼時に、地球温暖化の原因となるCO2(二酸化炭素)の発生量が少ないのが特長です。さらに、酸性雨や大気汚染の原因とされるNOx(窒素酸化物)の発生量も少なく、SOx(硫黄酸化物)が全く発生しない、環境への負荷が少なく、燃焼性・制御性に優れた理想的なエネルギーです。また、世界各国に広がる埋蔵量や技術革新によって長期的な安定供給が期待できるとされています。
→「天然ガスについて」はこちら

出典:資源エネルギー庁「エネルギー白書2010」より

天然瓦斯確認埋蔵量(2013年)

資料:BP Statistical Review of World Energy 2014
※四捨五入のため、合計があわない場合があります。

天然ガスが届くまで

パイプラインによって受け入れた天然ガスを、総延長4,100km以上のパイプラインを通じてお客さまにお届けしています。時々刻々と変化するガスの消費状況に対応し、天然ガスの受入、ガスの圧力・圧送管理、供給設備の維持管理を行い、毎日の安心・安全を支えています。

一歩先の安全を考えて

当社は、地震発生時にお客さまの生活への影響を最小限に抑えるため、「設備対策」「緊急対策」「復旧対策」の3つの対策を講じています。

設備対策 緊急対策 復旧対策
パイプラインネットワークの安全確保のための定期検査や老朽化したガス管を耐震性・耐腐食性に優れたガス管への入れ替え等の維持管理を行っています。 災害時に迅速にガスの安全を確保仕組みを確立させています。加えて24時間受付・出動する保安体制を整え、日夜お客さまの安全を守っています。 地震発生後迅速に復旧するため導管情報のデータ化や代替熱源提供設備の導入を行っています。現在は、全国で災害が起こった場合にも応援を行っております。
→「安全と防災への取り組み」はこちら

環境保全への取り組み

クリーンな天然ガスの普及拡大はもちろんのこと、事業活動における環境負荷の低減を積極的に推進しています。環境行動指針と環境行動計画を定め、環境マネジメントの充実を図っています。
具体的な活動としては、道路の掘削を最小限に抑える工法の実施、掘削土やポリエチレン管などのリサイクル、省エネやグリーン購入等のエコオフィス活動などを実施。環境への高い意識を持ち、業務に取り組んでいます。

→「環境に関する取り組み」はこちら

Copyright 2017 中部ガス株式会社 All Rights Reserved.

pagetop