グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > プレスリリース  > ガス料金改定の認可について

ガス料金改定の認可について

2008年12月19日
当社は、平成8年7月から平成16年3月にかけて実施いたしました天然ガス転換のための費用の繰延資産償却が本年度中に完了することに伴い、資源エネルギー庁の通達11資公部第357号に従って料金原価の見直し作業を行い、平成20年9月18日付けで、中部経済産業局長宛に平成21年1月1日を実施日とする供給約款の変更認可申請をいたしておりましたが、平成20年12月19日付けで認可を受けました。
今回の料金改定では、供給約款・選択約款を含む小口部門全体で、▲0.78%の改定となります。

しかしながら、平成21年1月の料金に反映される原料費は、高騰を続けておりました平成20年7月~9月の実績価格であるため、実質的なお客さまのご負担は平成20年12月(平成20年4月~6月の原料価格を反映)の料金に比べ増加いたします。

厳しい経営環境の中ではございますが、ひきつづき当社は、供給の安定とサービスの向上、ならびに保安の確保に努めますとともに、さらなる経営効率化努力を推進してまいります。なにとぞ今後とも中部ガスをご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

1. 改定率(税抜)

(単位:円/m3,%)
供給約款料金平均単価小口部門料金平均単価
現行料金改定料金改定率現行料金改定料金改定率
228.69227.30▲0.61206.36204.75▲0.78
  • 供給約款料金とは、供給約款に規定されている料金(一般料金)をいいます。
  • 小口部門料金とは、大口供給(年間使用量10万m3以上で、大口契約を締結したお客さま)を除く規制部門の料金をいいます。記載はその平均単価です。

2. 供給約款料金表(税込)

現行料金改定料金
料金表1ヶ月の使用量基本料金
(1ヵ月につき)
適用従量料金単価
(1m3あたり)
基本料金
(1ヵ月につき)
適用従量料金単価
(1m3あたり)
A0m3から22m3まで861.00円216.80円861.00円215.30円
B22m3を超え227m3まで1,071.00円207.25円1,068.90円205.85円
C227m3を超えるもの2,092.65円202.75円2,093.70円201.33円

3. 標準家庭のガス料金支払額(税込・月額)の比較(供給約款料金)

現行料金(円)
(1)
改定料金(円)
(2)
増減額(円/月)
(2)-(1)
参考平成20年12月
適用料金(円)
7,0817,038▲436,773
  • 標準家庭のガス使用量は、当社における過去5年間の実績に基づいた、家庭用のお客さま1件あたりの平均使用量(29m3/月)です。
  • 上記の現行料金、改定料金はそれぞれ平成20年7月から9月の実績平均原料価格、12月の料金は平成20年4月から6月の実績平均原料価格に基づくものです。

4. 原料費調整制度の基準となる指標(原料価格および原料構成比)

卸供給契約による
購入ガス(LNG換算)
LNGブタン
現行原料別基準価格(円/トン)48,70047,13072,410
原料構成比90.71%8.83%0.46%
基準平均原料価格(円/トン)48,700
改定原料別基準価格(円/トン)76,28074,700103,740
原料構成比80.74%18.19%1.07%
基準平均原料価格(円/トン)76,370
  • 上記における原料価格は現行:平成19年7月~9月の平均通関統計価格をもとに算出した価格です。改定:平成20年7月~9月の平均通関統計価格をもとに算出した価格です。

5. 本支管工事費の当社の負担額

設置するガスメーターの能力
1立方メートル毎時につき当社の負担する金額(円)
現行72,800
改定75,000