グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ガス機器の安全使用

ガス機器をご使用されるときは、まず換気を!

ガス機器は新鮮な空気を求めています。

ガス機器が劣化していたり、換気が不十分な状態でガスが燃焼すると、不完全な燃焼となり、同時に有毒な一酸化炭素が発生し中毒となるおそれがあり、最悪の場合は死に至ることがあります。

ガス機器をご使用の際に不快なにおいがしたり、目がしみたりする場合は、ただちに使用を中止し、中部ガスまたはお近くのガスショップまでご連絡ください。

不完全燃焼防止装置のついていないガス機器は、不完全燃焼防止装置付き機器へのお取り替えをおすすめします。

キッチンで

コンロや小型湯沸器をお使いになる時は、必ず換気扇を回すか、窓を開けて換気しましょう。小型湯沸器は安全装置が付いていても必ず換気しましょう。
小型湯沸器の使用中にたびたび火が消える場合は、直ちに使用を中止し、点検が必要なため中部ガスまでご連絡ください。

お部屋で

ガスストーブをお使いになる時は、30分に1回程度、新鮮な空気に入れ替えましょう。

ガス機器は正しく使って安全に!

こんな使い方は大変危険です。

ガスコンロ

メーカーの純正部品以外のご使用は、不完全燃焼する場合があります。
(たとえば、市販されている、いわゆる省エネ五徳など)

揚げものをしている時やグリルを使用しているときは、その場から離れないことが大切です。来客や電話などでその場を離れるときには、必ず火を止めてください。

小型湯沸器

小型湯沸器で浴そう、洗濯機への給湯、シャワー、洗髪などの長時間連続使用は不完全燃焼の原因となり、大変危険です。絶対におやめください。

排気筒(えんとつ)式風呂がま

お風呂を沸かしているときやシャワーを使っているときに、台所の換気扇を使用すると、風呂がまの排気が室内に逆流し、一酸化炭素中毒をおこす場合があります。

ガスストーブ

ガスストーブの付近には燃えやすい物は置かないように注意しましょう。
小さなお子さまがいるご家庭ではやけどなどに注意しましょう。
金網式ストーブをお持ちのお客さまへ

赤熱面(金網部分)に変形、やぶれなどの異常がある場合は、不完全燃焼を起こし、一酸化炭素中毒の原因となるおそれがありますので、ご注意ください。

  • 金網が変形していたり、やぶれががある
  • 赤熱のしかたにムラがある
  • ストーブから黒いススが出る
  • イヤなにおいがする

上記のような現象がありましたら、すぐに使用を中止し、中部ガスへご連絡ください。
暖房シーズン前に点検(有償)をおすすめします。
機器交換制度をご利用いただき、不完全燃焼防止装置付機器への取り替えをおすすめします。