グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 家庭用のお客さま  > 安全にお使いいただくために  > 古くなったガス管のお取り替え

古くなったガス管のお取り替え

ガス管のお取り替え

土の中にある亜鉛メッキ製のガス管(白ガス管といいます)は、長い年月のあいだにどうしても腐食したり老朽化します。そのままにしておくと、穴が開いたりしてガスもれの原因になりますので、早目のお取り替えをおすすめいたします。

まわりの環境にもよりますが、土の中のガス管は20年が取り替えの目安といわれています。

中部ガスでは、「腐食と地震に強いガス管」への交換をご提案しています。

腐食したガス管

腐食したガス管

ポリエチレン管(PE管)

高い柔軟性をほこるポリエチレン管

  • お客さま敷地内のガス設備は、「お客さまの大切な資産」です(ガスメーターを除く)。 そのため、古くなったガス管の交換にかかる費用につきましては、お客さまのご負担となります。

  ▶ ガス設備の所有区分についてはこちら

  • 平成15年度より国の補助金が交付され、敷地内に埋められている古くなったガス管の改善をあと押しすることとなりました。

  ▶ 詳しくは「一般社団法人 都市ガス振興センター」のホームページへ(別ウインドウで開きます)

お問い合わせ・お申し込みは、中部ガスまでお気軽にどうぞ。

ガス設備の所有区分

ガス管は誰の持ち物?

ガス設備には、お客さまが所有される部分と中部ガスが所有する部分の2種類があります。

ガスメーター以外の敷地内におけるガス設備は、お客様の大切な財産です。
  • お客さまの敷地内におけるガス管の修理、お取り替えなどは有償となります。
  • ガス管の近くで工事されるときは、中部ガスへご連絡ください。

事前にご連絡をいただきますと必要に応じて
  • 配管の位置の調査
  • ガス管の防護指導
  • 工事立ち会い(無料)
などを行います。

ガスメーターおよび敷地外のガス設備は、中部ガスの所有物です(サブメーターを除きます)。
ガスメーターは、計量法に基づいて検定の満期(7年または10年)が来ましたら取り替えいたします。