グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 家庭用のお客さま  > 安全にお使いいただくために  > ガス機器の設置に際して

ガス機器の設置に際して

ガス機器とガス栓の接続するとき

正しい接続で安全に!無理な接続はガスもれ、火災などの原因になります。

接続する場合は、ガス機器や接続具の取り扱い説明書をよく読んでいただき、その内容を理解したうえで、接続していただくことが大切です。

  • ホースエンドガス栓にガス用ゴム管(ソフトコード)を接続する場合は、ゴム管をガス栓の赤い線までしっかり差し込み、ゴム管止めで固定してください

  • コンセントガス栓(ガス栓用プラグ)にガスコード(ゴム管用ソケット)を接続する場合は、カチッと音がするように確実に取り付けてください

  • 接続はサイズ(9.5mm/13mm)と接続形状に合ったものをご使用ください。

  • ガスコード(ゴム管用ソケット)には、S型とL型の種類があります。接続具に無理な力がかからないよう適切な種類を選んで接続してください。

  • ネジ接続は有資格者による施工が必要です。不使用のネジガス栓には、プラグを取り付けてください。

  • 三つ又継ぎ手は、ガスもれやゴム管はずれの原因になりますので使用しないでください。
おすすめしますヒューズガス栓

万一、ゴム管がはずれたり、途中で切れたりして多量の
ガスもれがあったとき、自動的にガスを止めます。

旧型のガス栓をお使いのお客さまは、ヒューズガス栓へのお取り替え(有償)をおすすめします。

※新しく取り付けるガス栓はヒューズガス栓になっています。

火災と過熱予防のために

火災や過熱によるやけどの防止のため、
ガス機器は、家具や壁、棚など可燃性の部分から十分離してご使用ください。

(例)ガスコンロは、周囲の壁から15cm以上離して、
   設置してください。

※15cm以上離せないときは防熱板(別売)を設置して下さい

ハイカロリーバーナーが壁の反対側に
なるようにセットしてください。

ガス機器の種類や形状により、周囲の家具や壁からの安全な離隔距離は異なります。
詳しくは取り扱い説明書をご確認いただき、離隔距離を正しくとりましょう。

増改築をするとき・塗装工事をするとき

屋外に設置されたガス機器は絶対に囲わないでください。事故や故障の原因になります。

  • 屋外設置用のガス機器を波板などで囲みますと、新鮮な空気が不足して不完全燃焼をおこし、一酸化炭素による中毒や死亡事故、機器の故障につながる場合があります

  • また、増改築工事などで排気筒を取り外したり、給排気設備をシートなどでおおったりした場合は、ガス機器を使用しないでください

屋内にガス風呂がま・湯沸し器などを設置するとき

  • 法令により適正な給排気設備の設置が義務づけられています

  • 給排気設備に不備があると一酸化炭素中毒を引きおこすおそれがあります

  • 工事は国で定められた資格が必要です

  • 施行後、正しく設置されたことを表示したラベルが添付されていることをご確認ください(小型湯沸器を除きます)