グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 家庭用のお客さま  > 安全にお使いいただくために  > ガス機器・給排気設備の点検

ガス機器・給排気設備の点検

ガス機器のご使用と日常の管理

ガス機器の安全なご使用や日常の管理については、取り扱い説明書をよく読んでいただき、その内容を理解しご使用いただくことが大切です。

ガス機器をご使用の際に不快なにおい、炎のあふれ、機器本体の異常な過熱などがあれば、ただちに使用を中止し、中部ガスまたはお近くのガスショップまでご連絡ください。

小型湯沸器

熱交換器の目づまりなどが、不完全燃焼の原因になることがあります。ときどき上部(防熱板の下)に汚れやつまりがないかチェックしてください。
また、本体の側面などにある給気口にほこりがたまっていないかもチェックしてください。
使用中にたびたび火が消える場合は、販売店に点検・修理(有償)をお申し込みください。

ガスコンロ

バーナーが目づまりしたまま使うと、不完全燃焼のもとになります。ときどき器具ブラシなどでお掃除をしてください 。

ガス風呂がま

空だきに注意しましょう。
ガス風呂がまや浴槽をいためたり、火災の原因にもなります。また、風呂がまが水につかると故障の原因にもなります。

フィルターのお掃除

ファンヒーター・FF暖房機・エアコン・乾燥機などの給気フィルターは、月に1回程度、掃除機などで掃除し、ほこりを取ってください。
(フィルターを外したまま、機器を使用しないでください。機器の故障や火災、不完全燃焼の原因となります)

ゴム管の点検について

ゴム管は大丈夫ですか?

ゴム管は、折れ曲がっていたり、グリルの排気部などの高温部に触れないようご注意ください。

古いゴム管はお早めにお取り替えください
現在、市販されているガス用ゴム管はすべて耐久性にすぐれたソフトコード(白色系)になっています。

ガス機器の給排気設備

給排気筒(えんとつ)や給気口(空気の取り入れ口)はときどき点検をしてください。

給排気設備とは、ガスが燃焼するのに必要な空気を補給し、排気ガスを屋外へ排出する設備のことをさします。
具体的には、給排気筒や、給気口などのことです。
この給排気設備が正しく設置されていないと、ガス機器が不完全燃焼をおこし、一酸化炭素中毒の原因になるおそれがあります。 給排気筒のついた風呂がまや湯沸し器をご使用のお客さまは、以下のような状態になっていないか、点検を行ってください。

点検の結果、何か異常がありましたら、ガス機器は使用せずに、すぐに中部ガスまたはお近くのガスショップまでご連絡ください。

地震・台風・強風・大雨のあとは、排気筒のはずれや、壊れがないかどうか確認してください。

排気筒内に鳥が巣を作っていませんか?

排気筒の詰まり、はずれ、穴あきはありませんか?

給気口がふさがっていませんか?

ガス機器の設置に際して
増改築をするときには、屋外に設置されたガス機器を小屋などで囲わないでください。
屋内にガス風呂がま・湯沸し器などを設置するときには、有資格者による正しい設置を。

詳しくはこちら