グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 家庭用のお客さま  > ガス機器住まいの設備  > 警報器  > 住宅用火災警報器の設置義務化

住宅用火災警報器の設置義務化

ご存知ですか?住宅用火災警報器の設置が必要となります。

消防法が改正され、全国一律に住宅用火災警報器の設置が必要となります。


火災の被害を防ぐため、住宅用火災警報器の設置義務化
  • 新築住宅は、平成18年6月1日から施行されます。
  • 既存住宅は、平成20年6月1日以降の市町村条例で定められた日から適用されます。

【例】 豊橋市→平成20年6月1日から  浜松市→平成21年6月1日から
(詳しくはお住まいの市町村または消防署にお問い合わせください。)

※設置及び維持基準については、政省令で定める規準に従い市町村条例で定められています。

ご存知ですか?「住宅火災」のこと