グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




設備対策

供給所設備

ガスホルダー、供給所設備など重要なガス設備については、高度な耐震設計・耐震施工を施し、定期検査を実施しています。

<右写真>
オイルダンパーによりガスホルダーの共振を防止します。

配管材料

ガス導管の配管材料には、耐震性の高い鋼管やポリエチレン管(PE管)を採用。導管の接合は、鋼管の場合は溶接やメカニカル継手により、PE管の場合は融着により耐震性を高めています。

<右写真>
ポリエチレン管は腐食のおそれが無く、柔軟性に富み、路盤沈下や地震に対し優れた特性を持っています。

お客さま宅

ご家庭の配管には、高い可とう性・耐震性を有するステンレスフレキシブル管を使用し、さらに地震センサーを内蔵するマイコンメーターを設置。震度5相当以上の揺れを感じると、ガスの供給を自動的に遮断し、被害の拡大を未然に防ぎます。

マイコンメーターはガスもれ、地震などを感知して自動的にガスを遮断します。

ステンレスフレキシブル管は自由に曲げ加工が可能で、高い施工性と耐震性をもちます。