グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




天然ガスについて

地球にやさしいエネルギー

中部ガスがお届けする都市ガスは、天然ガスが主原料となっています。天然ガスは、硫黄分やその他の不純物をほとんど含まず、燃焼させても硫黄酸化物や煤じんが発生しません。しかも地球温暖化を促進する二酸化炭素や、酸性雨・大気汚染を増加させる窒素酸化物の排出量も石炭や石油に比べてごく少量。天然ガスがクリーンエネルギーといわれるのは、そのためです。また、長期的な安定供給が期待できることから、国の基幹エネルギーとして位置づけられています。


天然ガスの特性

クリーン性

深刻化する地球温暖化を抑制するために、二酸化炭素の排出量の大幅な削減が求められています。石油や石炭など、同じ化石燃料の中で燃焼時におけるCO2の発生量が最も少ない天然ガスこそ、これからの時代にふさわしいエネルギーです。

供給安定性

天然ガスは世界各地に豊富に存在するため、政治変動の影響が少なく、長期的な安定供給が期待できます。

新たな可能性を秘めた非在来型天然ガス

非在来型天然ガスとは、従来のガス田以外から採掘される天然ガスをいいます。
その中でもシェールガスは、その埋蔵量の膨大さから世界的に注目されており、近年の技術革新によって低コストかつ大量生産が可能となっています。
また、非在来型天然ガスのひとつであるメタンハイドレートは、日本近海にも相当量の埋蔵が予想されており、国内外で早期の商業化が期待されています。