グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




環境に関する取り組み

環境負担軽減のための基本方針

環境保全への取り組みは、企業の果たすべき社会的責任の一つとして、非常に重要です。中部ガスは、事業活動における省エネルギー、廃棄物の削減、リサイクルなどを推進するとともにクリーンエネルギーである天然ガスの供給を通じ、地域ならびに地球環境保全に貢献しています。

環境基本理念

中部ガスは、資源とエネルギーの効率的利用を通して、地球環境の保全に努め、快適で豊かな地域社会の実現に貢献します。
環境行動指針環境行動計画
1.事業活動における環境負荷の低減

当社は環境マネジメントの充実を図り、事業活動に伴い発生する環境負荷の低減を継続的に推進します。
(1)環境マネジメントの充実
(2)地球温暖化ガス・大気汚染物質などの環境負荷物質の低減
(3)資源の有効利用と廃棄物の低減
2.お客さま先における環境負荷低減への貢献

当社は環境特性に優れた天然ガスの普及を通して地球環境保全に貢献するとともに、高効率な機器・システムの提供および資源リサイクルを促進し、お客さま先における環境負荷の低減に貢献します。
(1)環境マネジメントの充実
(2)地球温暖化ガス・大気汚染物質などの環境負荷物質の低減
(3)資源の有効利用と廃棄物の低減
3.地域との環境パートナーシップの促進

当社が事業活動を営む地域の環境保全活動へ積極的に参加し、環境保全に貢献するとともに環境関連情報を開示し環境パートナーシップを促進します。
(1)地域の環境保全活動への貢献
(2)使環境関連情報の開示

省エネルギー・廃棄物の削減・リサイクルの推進

道路の掘削を最小限に抑える工法の実施や、掘削残土や廃材のリサイクル、事務所での省エネルギーなどを推進し、事業活動による環境への負荷の最小化を図っています。

非開削工法のイメージ

非開削工法

非開削工法は、管路のすべてを掘削し埋め戻す従来の工法に対して、路面の一部のみを掘削しポリエチレン管等を引き込んで埋設するものです。掘削土やアスファルト、コンクリート塊の発生を大幅に抑制でき、工事による騒音、振動、交通規制も軽減できます。

掘削残土のリサイクルプラント

掘削残土等の再利用

ガス導管の埋設工事で発生した掘削残土、アスコン塊などは、当社の関連会社で再生処理し、改良土として再利用しています。

廃ポリエチレン管のリサイクル製品

ポリエチレン管の再資源化

ガス導管埋設工事で発生する廃ポリエチレン管は、リサイクル処理によって、埋設工事におけるガス管標識シートや表示杭などに生まれ変わります。

内部環境点検

エコオフィス活動

エコオフィス活動は、OA機器の省エネ使用やごみの分別、グリーン購入など、全社員で取り組んでいる事務所における環境負荷低減活動です。活動の効果確認等のため年に2回内部環境点検も実施しています。

環境報告書

中部ガスの環境への取り組みについては、年に1回発行される「環境報告書」で公開しています。こちらでは、PDFファイルで冊子(最新版)と同じ内容をご覧いただくことができます。
報告対象期間2016年度(2016年1月~11月)
※2016年度は期中での決算期変更により11ヶ月間の取り組み内容となっております。
報告対象範囲中部ガス株式会社
掲載分野環境保全活動
発行年月2017年6月
お問い合わせ先総務グループ 電話 0532-51-1220

環境報告書2017